占いを聞く意味

あなたのまわりには、あなたの意識が考えていることしか起こらないようになっているので、あなたの意識にどんなことがインプットされるかはとても重要です。

占い師に言われた言葉は、普通の人の言葉より意識に残りやすいので、外側からあなたの意識を固められてしまうことになるのです。ですから、良いことを言われれば良いことの実現力が高まり、悪いことを言われればその実現力が高まります。

たとえば、占い師に、「あなたの未来には、こんな素晴らしいことが起こりますよ」と言われたら、どう感じるでしょうか?

まずは、単純にうれしくなると思います。「本当にそうなるかもしれない」と毎日考え続けていれば、だんだん本当にその気分になっていくでしょう。単純な人ほど、「うれしい、自分はこうなるんだ」と素直に思い込むので、その意識はますます強く固まっていきます。このとき、その人の意識は、本当にそうなる予定があるかのように認識しています。

まるで、それが本当に起きるように意識が勘違いするのです。

その人の意識が「その気」になっていると、現実の行動も変わってくるでしょう。

「あの占いで言われたことが本当になるのだとしたら、今からこれをしておこう」「次はこうしよう」というように、現実の世界でも具体的な準備を始めます。

こうして、意識の思い込みと実際の行動が噛み合うと、現実の世界がそれに向けて流れ始め、いつの間にか、本当に現実になることがよくあります。

この段階で当時を振り返ると、「あの占いのとおりになった」「あの占いは当たった」となるのですが、ここには「その人の意識がそれを考え続けた」という意識の力によるところが大きいのです。

「考え続けていれば夢はかなう」と、同じ仕組みです。

夢を強く思い続けていると、あなたの意識が、それがかなったときのイメージを作ります。現実の行動も、そのイメージに合った行動になります。それを続けていると、そのイメージの枠組みどおりの出来事がやってきます。

占いで占い師さんがう良い結果を教えてくれると、なんだかその気になってくるのは、もともと自分がするはずだったことを、占い師さんの言葉が後押しして実現に向かわせるようになるからなのです。特に、占い師の言葉は特別に受け取る人が多いので、現実に表れる効果も早いのです。

私は学生時代に、何人もの小中学生の家庭教師をしていましたが、子供たちにやる気を出させる一番の方法は、とにかく褒めることでした。

もちろん、なんでもかんでも無理に褒めるのではありません。

まずは、その子がちょっと得意なことを実際より大げさに褒めてあげる、するとその気になって、ますますそれに一生懸命になります。もともとちょっと得意なことですから、やる気を出せば比較的簡単に抜きん出ることができます。すると、自然と他の教科や分野にも手を出すようになり、結果的に全体が上がります。

占い師の言葉にも、これと同じような効果があるのです。

「未来にこんなうれしいことがありますよ」と相手に言うときに、占い師はまったくのウソを言っているわけではありません。占いで分析した結果、その人にはもともとそうなる要素のあることがわかっているわけですから、そこを指摘してあげれば、その効果は何倍にもなるはずです。

「占いで信じるのは良く言われたことだけでいい」と言うことを度々耳にしますが、それは、良いことだけを自分の意識の中に入れて、それを実現しようとさせるためです。

私もそんな占い師にのせられる一人なのですが、のせられればのせられるほど運気が上がっているのを実感しています。

仙台で占いに興味があったら、ここが仙台の占い師などを紹介しているので参考にしてみてはいかがでしょうか。

とにかく、占いでもなんでもいいので利用して、ポジティブな気持ちで行動力を上げれば、自然と運気は上がってくるはずですよ。